×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペニス増大の仕組み

日本人男性の3人に1人が抱えるペニスのコンプレックス

男性のシンボルでもあるペニス、サイズや硬さ、勃起力などは、そのまま男性の自信につながる重要な要素となっています。

つまり、裏を返せば、ペニスコンプレックスは男性の自信喪失につながるということになります・・・

ペニスを大きくしたい。自信を取り戻したい。そう願う男性は非常に多く、一説では、日本人男性の3人に1人がペニスコンプレックスを抱えていると言われています。

そこで、まずはペニス増大の仕組みを知り、どうすればコンプレックスを解消できるのかを考えていくことが重要になります。

増大(勃起)の仕組み

ペニスが大きく、硬く増大(勃起)するのはどうしてでしょうか。

平常時、ペニスは柔らかく、ぐにゃぐにゃの状態になっています。これは、ペニスの平滑筋が動脈を常に圧迫することにより、ペニスの中に血液が入り込むのを抑えているためです。

しかし、視覚や聴覚、嗅覚などの五感が性的刺激を感じ取ると、脳が環状グアノシン一リン酸 (cGMP)という神経伝達物質を分泌し、勃起命令を発信します。

cGMPが分泌されると、ペニスへの血液の流入を抑えている平滑筋が弛緩し、大量の血液がペニス内部に流れ込むようになります。

ペニスには海綿体と呼ばれるスポンジ状の器官があり、流れ込んだ血液は海綿体に吸収され、大きく膨張します。これがいわゆる『勃起』です。

勃起が起こった後、しばらく硬化状態が続きますが、これはペニスから血液を排出している静脈が膨張した海綿体によって圧迫されているためです。

その後、射精したり、性的興奮が収まったりすると、脳が勃起を鎮める伝達を発信。血液が排出されると同時に、平滑筋の弛緩が元に戻り、平常時の軟化したペニスへと戻る仕組みになっています。

仕組みからわかる増大法!

以上の仕組みを見ると、ペニス増大においては、血液の流れが非常に重要な役割を果たしていることがわかります。

つまり、血流が増加し、ペニスに流れ込む血液の量が増加すればするほど、膨張率はアップし、ペニスが肥大・硬化するのです。

ED(勃起不全)の場合は、この血液流入が何らかの理由でスムーズにいかないため、硬さも大きさも不十分となってしまうわけです。

そのため、ED治療法やペニス増大法では、ペニス増大までの一連のプロセスがスムーズに行われるよう配慮されたものが大半を占めています。